トピックス

ブログロール

  • 電撃25周年公式サイト
  • その端末に萌えを。| デジタルMOEOH
  • 電撃萌王の公式Twitterアカウントです
  • 月刊コミック電撃大王
  • 電撃コミックス
  • 東方Projectオフィシャルマガジン『東方外來韋編 Stragne Creators of Outer World.』公式サイト
[壁紙あり] 『CROSS†CHANNEL』から10年……新アルバムを発売するボーカリスト・Maricaにインタビュー!
この記事をTwitterでつぶやく

2013年7月26日(金)、Maricaさんの
新アルバム『Maricaddiction(マリカディクション)』が
2,940円(税込)で発売されます。

ボーカリスト、作詞家、作曲家など幅広く活動している
Maricaさんの新譜ということで、発売に向けての
意気込みをうかがいました。

Maricaさんの新アルバム『Maricaddiction』は、
Tacticsから発売された『天使のひめごと』や
Flyingshine黒の「ミライ」シリーズといった
タイアップものはもちろん、新曲もふんだんに盛り込まれた
期待の1枚。全17曲の大ボリュームでお届けします。

7月26日(金)の発売に向けて、意気込みやアルバムについてのコメントを
Maricaさんに聞いてみました。それに、今年はちょうど、
名作と謳われるPCソフト『CROSS†CHANNEL』の発売から
10年にあたる節目でもあります。聞いちゃおうカナ? カナカナ!?



■記事見出しに不適切なミスリードがあったことをお詫びいたします
――それでは、よろしくお願いいたします。

Maricaさん「よろしくお願いします!」

――えー、今年は『CROSS†CHANNEL』の発売から10年の節目でございます。

※『CROSS†CHANNEL』……
2003年に発売されたPCソフト。
名シナリオライターと誉れ高い田中ロミオ氏の……
田中ロミオ「名義」の……デビュー作で、
パッと見は爽やかな青春ものでありながら
複雑に入り組んだ人間模様が展開されるなど、
奥深い物語が好評を博した。エンディングで流れる
「CROSSING」は、ボーカルをMaricaさんが担当している。

Maricaさん「……」

――ED曲「CROSSING」は名曲でございましたな!

Maricaさん「オホン、オホン」

――あとMaricaさんといえば、『おまえのなつやすみ』OP曲「恋のライフセイバー」といった名曲もございますね。

Maricaさん「えとですね、オホン、実はその、入ってないんです

――えっ、なんですか?

Maricaさん「今回のアルバムには、それら2曲とも入ってないんです……」

――は、入ってない!?

Maricaさん「はい……」

――………。

Maricaさん「………………」


(C)2004 FlyingShine黒 ※ちゃんと校正取りました

※『おまえのなつやすみ』……
2004年にFlyingShine黒から発売された世紀の怪作にして快作。
周囲に「夏休みはハワイに行くから」と言いふらしていたものの
オジャンとなり、見栄を張り続けるため「家から一歩も出ず」に
「日焼けしたりハワイ通になったり」することを目指す。
デビ●マンの不動ア●ラそっくりな主人公「あつし」(上の画像)が
本作の突き抜けっぷりを分かりやすく体現している。オープニング曲、
「恋のライフセイバー」はMaricaさんとMoeさんのツインボーカル。




■気を取り直しまして。
――アルバムの話をお聞かせください。

Maricaさん「よろしくお願いします」

――まずはジャケット絵ですが、後ろ姿とはちょっと変わってますね。

Maricaさん「私からのリクエストで、後ろ姿にしてもらったんです」

――それはまた、どうしてでしょう?

Maricaさん「PCゲームやコミック、アニメのユーザーさんは、普段2次元を見てらっしゃることが多いですよね。そこへ3次元の写真でジャケットを用意する、というのに後ろめたさや抵抗がありまして。さりとて、擬人化というかイラスト化した私というのもなんだかその。ですので、後ろ姿でお願いしますということになりました」

――イラストはsukabuさんが担当してらっしゃいます。

Maricaさん「個性的な絵を描かれる方なんですが、今回あえて後ろ姿を発注しちゃいました」

――後ろ姿だと、どんな顔をした娘なのか分からないですが……それは同時に、見た人それぞれが、この娘のビジョンを想像するってことでもあります。

Maricaさん「あら! そう前向きにとらえていただけると幸いです。後ろ姿なのに前向きというね!」

(一同爆笑)

――オヤジギャグでもMaricaさんがおっしゃるといいもんですね! さて、アルバムのコンセプトは。

Maricaさん「これまでの活動は、“こういう曲が欲しいんだ”という形で依頼していただくことが多く、自分でも器用貧乏になってしまっているかな……と感じることがありました。萌えソングから何からやりますー! みたいな。“Maricaは一体、何が得意なのか分からない”という感じになってしまうので、あえて今回は“Maricaはこうである!”というのを前面に押し出したいと思って制作しました」

――詳細にありがとうございます。それを一言で表すと?

Maricaさん「な、なるべく……アダルトに……いきたいというかですね……大人の色香というんでしょうかね ///」

同席していたFunczion SOUNDS社長さん(♀)「プクス

――失笑されてますが。

Maricaさん「普段の私を知ってるからでしょうかね♯」

――このアルバムの聞きどころは?

Maricaさん「アダルトな雰囲気を目指した曲と、「ミライシリーズ」などの乙女心を唄っている曲、そのギャップを楽しんでいただけたら幸いです」

――収録中のエピソードがありましたら。

Maricaさん「2曲目に入っている「錆びた翼」という曲なのですが、収録時に編曲のBBさんから「ここの歌詞、もう1音あった方が綺麗に唄えるんじゃないですか?」とご提案がありまして」

――ほうほう。

Maricaさん「歌詞が現場で変わっていきました。この曲は昔書いたもののリメイクなんですが、さすが編曲さんらしいご提案だなと思ったんです」

――ちなみに、1音追加された歌詞というのはどこでしょう?

Maricaさん「ええと、中二くさいんですが、“忘れかけたプライドと勇気が支えている”という箇所で……」

――何故、微妙に恥ずかしそうなんだい……(左手で目を隠しながら)

Maricaさん「その“プライド”の部分がゴニョゴニョ」

――えっ、なんですって?

Maricaさん「プライドがスペルビアに変わりました」

――よく聞こえません、もう一度!

Maricaさん「スッペールヴィアー!!!

――素敵な発音、ありがとうございます。ちなみにどのような意味でしょう?

Maricaさん「superbia=傲慢、です。プライドから1音多くなった感をお楽しみください」



■ご自身のことについても少々
――さて、Maricaさんご自身についてもお聞かせください。これまで唄った中で、どんな理由でもいいので印象に残っている曲は何でしょう?

Maricaさん「わむ音頭、でしょうか」

――音頭?

Maricaさん「おまけディスクに入っているものなんですが、歌詞がドぎついのと、あと音頭って唄ったことなかったので(笑)。わむはWAMで、Wet and Messyの略ですね」

――今、唄ってくださいと言われたら?

Maricaさん「凄い抵抗します!(笑)」

――ちなみにこの質問。有志の協力で寄せられた、ファンの方からのものでした。

Maricaさん「はいっ!? だ、誰だ!? どの人だ!?」

――えー、ボーカリストになったきっかけは。

Maricaさん「社長(♀)にナンパされました」

――音楽の成績は良かったですか?

Maricaさん「おおむね良かったんですが、笛だけダメでした。あのリコーダーとかピアニカとかの、クチを使うのが下手で」

――クチが苦手ですか。

Maricaさん「Maricaはクチが下手(逆ギレ気味に)!!! 口笛も吹けませんし」

――ほう……? ♪ぴぴーぴーぴー・ぴぴ・ぴーぴ・ぴっぴっぴー(MY OLD KENTUCKY HOME)

Maricaさん「おかしくないですか!? なんで音出るんです!?」

――舌を使ってます。レロレロレロ。あと唇の形。

Maricaさん「私は、舌と唇の使い方が下手なんですね!!!」

――ここは全年齢誌、電撃萌王のブログでございます!

Maricaさん「萌王向きじゃない、あたし!」

――(ケロッとして)好きな食べ物は。

Maricaさん「ギョーザと、カレーと、ラーメンと……あっ、ダメだ! スイーツっぽいとこ見せなきゃいけなかったんだ!」

――いや、素な感じでむしろよろしいと思います。一週間休みがあったら、何をしますか?

Maricaさん「何しててもいいよ、って言われたら凄い勢いで曲を作ると思います」

――休んでませんがな!

Maricaさん「フリーなときじゃないと作れない曲ってあるものなんです。ご依頼いただいた楽曲ですと、“こういう方向で”や“こういうコンセプトで”とご指定いただきますし。だから一週間もらえたら、ヤッホーってなって曲を作ると思います」

――そんな生粋のアーティスト、Maricaさんから素敵なお知らせがあるとかないとか?

Maricaさん「7月13日(土)、岩本町のEggman tokyo east様にて開催されるライブ「Ete Song Planet #2」への出演が決定しております! 発売直前ライブ、ということでもちろんアルバムからの楽曲たっぷりでお送りしたいと思います」
 
 
▼ライブイベント「Ete Song Planet #2」
■開催場所:Eggman tokyo east
■開催日:2013年7月13日(土)
■開催時間:開場18時、開演18時30分
■出演:Marica、結月そら、遊女
■チケット:前売2500円、当日2800円(+1drink 500円)
※7月12日(金)23時59分まで予約受け付け中!→
 
 
――では最後に、読者へ向けてメッセージをお願いします。

Maricaさん「いわゆる代表曲が入っていないんですが、それだけに是非とも聴いていただきたいです。Maricaってこんな人なんだ、とお思いになるかもしれませんが、そんなMaricaも愛していただきたいです。究極の苦しみから這い上がるのは結局自分だと思います。このアルバムではただ癒しを与えるのではなく、一緒に戦いましょうと。そんなメッセージを込めました」

――ありがとうございました!

               ★ ★ ★

そんなこんなで、発売の迫る『Maricaddiction』について語っていただきました。
今回のアルバムは、むしろMaricaさんがどんな方なのかを知るのにうってつけな
いわば入門盤。代表曲が収録されたもう1枚がマロビ出るかどうかは、
聴き手ひとりひとりにかかっている……のかもしれない。

なお、『Maricaddiction』には初回特典が存在しています。

初回封入特典、Maricaさんご自身のデザインによるMaricaカードステッカー。
色々スレスレな気がします。ICカードの表面にペタリと貼れば、
あなたの日々がMarica尽くしとなること請け合い。
確実に入手したい人は、初回盤を買えるかどうか
ショップさんに確認した上で予約しちゃいましょう!

……っとここで、最後まで記事を読んでくれた
優しいアナタにプレゼントがございます。
『Maricaddiction』のジャケットイラストを使用した壁紙ー!

ドンドンパフパフー!! 3サイズあるので、ご利用環境に
合ったものをお選びくださいまし。あなたのPCやら端末やらを
Marica尽くしにしてくださいまし!!

■壁紙をダウンロードする
[960 × 544]
[1280 × 1024]
[1600 × 1200]
 
 
▼『Maricaddiction』
■発売日:2013年7月26日(金)
■販売元:Funczion SOUNDS
■価格:2,940円(税込)
■収録曲:
 01.Sweet Desire(SYOKU タイアップ)
 02.錆びた翼
 03.Blue Moon
 04.Breakout(アンダームーン タイアップ)
 05.アウトロウ(アウトロウ タイアップ)
 06.fake love
 07.永久の祈り(PapillonUnion タイアップ)
 08.花のように
 09.双想歌(Tactics タイアップ)
 10.Sweet Perfume(FlyingShine黒 タイアップ)
 11.花葬(FlyingShine黒 タイアップ)
 12.Miss you(FlyingShine黒 タイアップ)
 13.花天(FlyingShine黒 タイアップ)
 14.Close to you(FlyingShine黒 タイアップ)
 15.KEEP OUT(FlyingShine黒 タイアップ)
 16.Hegira
 17.魔界で会いましょう(PapillonUnion タイアップ)

 
 
■関連サイト
『Maricaddiction』特設サイト
Funczion SOUNDS
 
 
(C)Funczion SOUNDS all rights reserved.